「責任が重いから看護師辞めたい」の画像

看護師を辞めたい理由

【看護師辞めたい】責任の重さに耐えられないあなたへ

更新日:

本日は当サイト「看護師辞めたい転職したい」をお読み頂きありがとうございます。
どうも、元看護師のむぎです。

ナースちゃん
看護師の仕事、責任重すぎ!もう辞めたいわ!

この記事はそんな方に向けて書いているよー。
ナースくん

「看護師の仕事責任重すぎ!もう辞めたい」

当記事ではこのようなことを考えている看護師のあなたに、少し楽になるアドバイスをしたいと思います。

結論を先に書いてしまえば、僕は看護師という仕事の責任の重さはやりがいの裏返しだと思っています。

「責任が重い」というだけでは看護師だけでなく他の仕事でも言えることですが、やはり「患者さんの命を預かっている」という点で他の仕事よりも責任の重さを感じやすいのではないかと思います。

でも、その「責任の重さをやりがいだ」と感じることができれば看護師の仕事はもっと楽しくなるし、頑張れると僕は考えています。

なぜ看護師は責任が重い仕事なのか?

ナースちゃん
色々理由はあるけど、やっぱり命を預かる仕事だからかなー。

それが1番だよねー。
ナースくん

それではまず、なぜあなたが「看護師の仕事は責任が重い」と感じてしまうのでしょうか。
大きな括りで言ってしまえば、その答えは1つだと思います。

それは、「看護師の仕事は1つのミスで患者さんの命を奪いかねない」からです。

患者さんに直接接することのない環境整備や看護記録だって、突き詰めれば患者さんのためであり命を守るために行っていることです。
配薬や点滴等の処置は患者さんにとって侵襲の大きいものなので、余計にミスができない責任の重い仕事です。

大きなミスをしてしまえば「医療事故」としてニュースに取り上げられることもあります。
一般的な仕事でも横領とか大きなことをすればニュースになることもありますが、それは個人の問題ですよね。

看護師の場合は日々忙しく過ごしていて、意図せずして事故を起こしてしまう可能性もあります。
それなのに「○○病院の看護師○○が」というように名指しで取り上げられることもあるのです。

一般的な他の仕事ではここまで大事にはならないですよね。

そういった点で、看護師は他の仕事よりも責任の重い仕事だと言えるでしょう。
看護師のミスについては以下の記事で詳しくお話しています。
関連記事>>>ミスが怖くて看護師辞めたい!元看護師が対処法を教えます

看護師は社会的信用が高い?

看護師の資格は国家資格です。

国家資格とは、一般に、国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明されるものとされる。また資格の制度に法的な裏付けが存在し、そこ(根拠法)に資格付与方法・資格付与基準についての明確な記述があり、中央省庁または都道府県レベルの地方自治体が所管する資格を指す。

出典:Wikipedia

看護師の資格が他の国家資格よりも難易度が高いかと言われれば正直かなり低いほうかとは思いますが、それでも国から職業的な地位を保証されている、社会的な信用が高い職業であることは間違いないです。

国家資格に限ったことではないですけど、クレジットカードの申請や住宅ローンを借りる際に、公務員や医療系の仕事が有利なのはみなさんご存じですよね。

看護師と准看護師との違い

仕事内容がほぼ変わらないので、責任の重さは変わりないと思いますが看護師と准看護師は資格が違います。

関連記事>>>看護師と准看護師の違い

看護師資格は「業務独占資格」

ナースちゃん
「業務独占資格」って、学生の時に習ったような気がするけど、なんだっけ?

僕もこの記事書くまで忘れてたよ。
ナースくん

さらに言えば、看護師の資格は「業務独占資格」です。

一部の国家資格は行政法学上の「許可」に該当し、一般人には禁止されている行為を特に行うことが許されるものがある(建築士、薬剤師)。また、業として行うことのみが禁止されている行為を許されるものもある(医師、弁護士など)。これらの資格は、業務独占資格と呼ばれる。

出典:Wikipedia

つまり、看護師の仕事は「看護師しか行ってはいけない」ということが国が定めているわけです。

国が定めている資格であることを考えれば、看護師という資格がどれほど社会的信用が高いかということが分かりやすいですね。

看護師の仕事は社会的な信用が高いからこそ責任が重い

ナースちゃん
なるほど、仕事以上に資格自体が責任の重さを物語っているわけねー。

社会的な信用が高いこと自体は悪いことじゃないけどねー。
ナースくん

看護師の資格は国が法律で定めている社会的な信用が高い仕事です。
だからこそ、非常に責任が重い仕事なのです。

「看護師としてこうあるべき」という、社会的なイメージが非常に強い職業が看護師です

だからこそ1つのミスが大きく取り上げられることもあり、それが看護師にとっては非常にプレッシャーでありストレスの原因となります。

学生の頃に「保健師助産師看護師法(略して「保助看法」と呼んだりしますね)」という法律を勉強したことがあるかと思います。
この法律はその名の通り保健師、助産師、看護師は厚生労働大臣の認可を受けた資格であることが明記されています。

有名なのが「業務上知りえた秘密を漏らしてはならない」という守秘義務ですかね。

法律で「看護師は、看護師として定められた役割を果たさなければならない」と明記されているわけですから、それだけ責任が重い仕事だということが言えますね。

責任が重いということは悪いことではない

ナースちゃん
なんか、これだけ看護師の仕事が責任が重いって思い知らされると落ち込んできたわー。

そうだねー。でも、責任が重いことは悪いことではないんだよ。
ナースくん

ここまでは「看護師は責任が重い仕事である」ということを書いてきましたが、ここからはその「責任の重さとどう向き合っていくか」という話をしたいと思います。

まず前提として、「責任が重い」ということは悪いことではありません。

「何かあったら責任を取らないといけないんでしょ」

というようにどちらかと言えば後ろ向きに捉えがちかと思いますが、逆を言えばそれだけの責任を負うことを任されているということです。

「責任が重い」ということは、それだけ「やりがいを感じることができる」ということです。

精神論のように聞こえるかもしれないので、例を挙げます。

重い病気になって入院してきた患者さんが良くなって退院した時に、あなたはどのような気持ちになりますか?
やっぱり嬉しいし、やり遂げた感じがするかと思います。

その嬉しさや達成感というのは責任が重ければ重いほど大きいのではないでしょうか。

人間というのは、楽しいことや嬉しいことよりも辛いことや苦しいことの方が記憶に残りやすいものです。
だからこそそれを乗り越えた時により大きな嬉しいと感じたり、達成感を感じることができる。

「責任が重い」ことは悪いことではありません。

むしろその責任の重さをやりがいだと感じることができれば、もっと楽に仕事ができるのではないでしょうか。

看護師が責任を果たすためにできること

ナースちゃん
やりがいかぁー。で、実際にはどうすればいいの?

この記事の本題!実践編に行くよー。
ナースくん

精神的な乗り越え方について書いたところで、次は実践です。
看護師が責任を果たすためにできることは何があるのでしょうか。

ポイント

  1. 専門職としての自覚を持とう
  2. 自己研鑽に努めよう
  3. チームの一員としての役割を果たそう

以上の3つが看護師としての責任を果たすうえで非常に大事なことです。

1つ1つ説明していきます。

専門職としての自覚を持とう

先ほども述べた通り、看護師は「業務独占資格」でありその業務内容は法律によって定められている社会的な信用が非常に高い職業です。

だからといって気負うことはありませんが、専門職としての自覚は持っておくべきです。

「患者さんの命を預かる職業であること」を意識して日々仕事を行なっていれば、患者さんに失礼になることもしないし、ミスも少なくなるかと思います。

自己研鑽に努めよう

看護師は一生勉強する必要がある仕事です。
なぜなら、医療は日々進歩しているからです。

患者さんのために、日々新しくなる医療に乗り遅れることのないように自己研鑽に努めましょう。

自己研鑽の例

  • 疾患や手術について教科書や専門書を読んで勉強する
  • 研修に参加する
  • 認定看護師や専門看護師といったスキルアップにチャレンジする

上に挙げた3つすべてが自己研鑽です。

もちろん休むことも大切ですが、無理のない程度に自己研鑽に努めましょう。

チームの一員としての役割を果たそう

医療というのは決して1人で行うものではないし、1人ではできません。

患者さんや家族、医師や薬剤師、リハビリの専門職等、チームのメンバーは必要に応じて変わりますが看護師はいつも患者さんや家族の横で調整する役割を担う必要があります。

患者さんや家族の希望を医師に伝えることや薬剤師に薬の説明を依頼することだってあります。
チームの一員としての役割を果たすことは非常に面倒だし、大変です。

でも、役割を果たすことは患者さんや家族の信頼を得ることにもつながるので悪いことばかりではありません。

上手くチームがまとまって治療が行えれば達成感もありますし、熱心に行っていればそれがやりがいにも繋がります。
最初は難しく感じてしまいますが、ぜひ取り組んでみてください。

責任の重さに耐えることができないから辞めたい!それなら今すぐ転職サイトに登録するべき

ナースちゃん
どんなに頑張っても、今の職場は私に合っていない気がするし、責任の重さに耐えることなんてできないよ。もう辞めたいんだよ。

それなら今すぐにでも転職サイトに登録しておくべきだよ!
ナースくん

あなたは看護師専門の転職サイトがあることを知っていますか?
日々忙しく不規則な生活をしていると、いくら「転職したい!」と思っていても実行に移せませんよね。

そんなあなたにおすすめなのが転職サイトへの登録です。
転職サイトに登録するメリットは以下です。

ポイント

  1. 仕事がどんなに忙しくてもスマホから簡単に、しかも1分で登録することができる
  2. もちろん登録は無料。電話も折り返しかけてくれるから電話代を心配する必要もなし
  3. 24時間いつでも電話で相談することができるから、自分のペースで転職することができる
  4. 職場の内部事情に詳しく、実際に見学に行くこともできるため自分の目で判断することができる
  5. 頼りになる看護師の転職専門のアドバイザーに病院への連絡や調整までおまかせできるから、初めての転職でも安心

ナースちゃん
えっ、転職サイトに登録するとこんなに楽なの?忙しい中転職活動するのっておっくうだったんだけど、これならできそう!

僕が実際に登録してヒアリングが好印象だったものだけをまとめているよ。
ナースくん

今すぐ登録するべき転職サイトまとめ

ナースちゃん
1分で登録できるし、信頼できる確実な情報を得るためにも複数登録しておくと安心かも。

まとめ:看護師の責任の重さに耐えられないあなたへ

まとめになります。

看護師は非常に責任が重い仕事ですが、向き合い方や捉え方によって仕事のやりがいにもつながります。

もし耐えることができないと思った時には以下の3点に努めましょう。

看護師の自己研鑽

  1. 専門職としての自覚を持つ
  2. 自己研鑽に努める
  3. チームの一員としての役割を果たす

この記事が少しでもあなたの役に立てれば嬉しいです。

次にあなたに読んでほしい記事は「看護師だけどやりがいを感じない?」

この記事の冒頭で、責任の重さはやりがいの裏返しということを書きました。

日々忙しく仕事をしていると、なかなか看護師という仕事のやりがいを感じることは難しくなります。
そんな悩めるあなたにおすすめの記事が以下。ぜひ読んで下さい。

関連記事>>>看護師だけどやりがいと感じない?に元看護師が答えます

その他にもおすすめの記事があるので読んで下さい。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
それでは、また!

  • この記事を書いた人

むぎ

当サイト「看護師辞めたい転職したい」の管理人。看護師として大学病院に新卒で入職するも3年で一度転職を経験。1年間は別の病院で働いて看護師として働く自分に違和感を感じ、現在は保健師をしています。 転職等で相談があればTwitterなどで気軽に絡んでもらえると喜びます。

-看護師を辞めたい理由
-

Copyright© 看護師辞めたい転職したい , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.