「STOP」と書いてある標識の画像

看護師を辞めたい理由

病棟看護師を辞めて感じたメリットとデメリットを教えます

更新日:

本日は当ブログ「看護師辞めたい転職したい」をお読み頂きありがとうございます。
どうも、元看護師のむぎです。

僕は以前病棟で看護師として働いていましたが、今は看護師すら辞めて別の仕事をしています。

病棟看護師って、疾患が重たい患者さんが多いし夜勤もあって体力的に辛い。もう辞めたい!

毎日のようにこのような悩みを抱えていました。

俺はもう、疲れたよ……

的なことを考えつつも、いざ辞めるとなると色々と考えてしまいます。

ポイント

  1. 日々忙しいのに転職なんてできるのか
  2. 転職したところで、今抱えている悩みは解決できるのか
  3. 夜勤がない職場に転職したら給料下がるんじゃないか

等々……悩みや不安は尽きませんよね。

実際に僕も転職をしているので、このように考えてしまうあなたの気持ちは分かります。
でも不安を抱えながらでも転職をしてみると、意外と「なんでもっと早く転職しなかったんだろ」って感じることも多いんです。

この記事では、僕が転職して感じたメリットとデメリットをお話できたらと思います。

病棟看護師を辞めるということ

それではまず「病棟看護師を辞めるということはどういうことなのか」という内容をお話していきます。

病棟看護師にも常勤、非常勤、時短などいろいろな雇用形態がありますが、この記事では夜勤がある病院で常勤の看護師をしている方を対象に書いていこうと思います。

「病棟看護師を辞める」ということは「看護師を辞める」ということとイコールではありません。

もちろん「看護師を辞めて別の仕事をする」という選択肢もありですが、現実的ではないかもしれません。
理由は簡単で「看護師を辞めて別の仕事をする」ことよりも「看護師の資格を活かして別の場所で働く」ことの方がはるかに簡単だからです。

看護師を辞めて別の仕事に転職すると収入は下がることが多いですし、人間関係なんてどこの職場にいっても多少はあるものです。
どうしても「看護師という仕事自体が嫌」というわけでないのなら、看護師の資格を活かすことを考えましょう。

病棟看護師を辞めて感じたメリット

それではこの記事の本題!まずは病棟看護師を辞めて感じたメリットについてお話しします。

ポイント

  1. 夜勤がなくなり、規則正しい生活を送ることができるようになった
  2. 土日祝日休みで、家族と過ごせる時間が増えた
  3. 気を張らなくてよくなり、精神的な疲労が減った
  4. 物理的にも、精神的にも余裕が生まれた
  5. 仕事以外のことに打ち込める時間ができた

以上の5つが実際に病棟看護師を辞めた僕が感じたメリットです。
詳しくお話ししていきます。

夜勤がなくなり、規則正しい生活を送ることができるようになった

夜に寝て、朝起きる

大学生を卒業するまでは当たり前だったことが、看護師として働き出してから急にできなくなります。
理由は夜勤があるからです。

若いうちは多少無理をしても大丈夫ですが、やはり長く続けるのは限度があります。

病棟看護師でも管理職になれば夜勤がなくなりますが、それでも当直があったりして完全になくなるわけではないですし、そこまでに何年かかるか分かりません。

病棟看護師を辞めることで夜勤がなくなり、規則正しい生活を送ることができるようになるのです。
僕も夜勤をしなくなって実感したんですけど、身体がかなり楽になります。

疲れが翌日まで残ることも少なくなりましたし、やはり暗い夜に寝て明るい朝に起きるという当たり前のことが健康には大切だということが改めて分かりました。

土日祝日休みで、家族と過ごせる時間が増えた

転職先によっては必ずしも土日祝日が休みというわけではないかもしれませんが、転職先を選ぶときに条件の1つとして考えておくことをおすすめします。

僕は現在、基本的に土日祝日が休みの仕事をしているんですけど、以前よりも間違いなく幸せになったという実感があります。
我が家は子どもがいないので妻と2人暮らしですが、妻が働いていても圧倒的に予定を合わせやすくなります。

看護師の時は彼女がいてもなかなか休みを合わせることができずに旅行に行く機会も少なかったんですが、今は土日が休みなのでお金さえあればいつでも旅行に行くことができます。

地味に嬉しいのが年末年始が休みなことで、「大晦日」とか「正月」をまともに過ごせます。

気を張らなくてもよくなり、精神的な疲労が減った

看護師をしていると、少しのミスが患者さんの命に関わることになりかねないので「いつも気を張っている」という状態になります。

関連記事>>>【看護師辞めたい】責任の重さに耐えられないあなたへ

関連記事>>>ミスが怖くて看護師辞めたい!対処法を紹介!

いつも気を張っていると、ものすごく疲れますよね。

今の仕事をしだしてから、「ミスをして誰かに迷惑をかけることはあってもその誰かが死ぬことはない」という安心感というか、精神的に疲れることが減りました。

もちろん人間関係とか仕事についての悩みはありますが、「それでも看護師をしていた頃よりマシだな」と思えるのが大きいです。

物理的にも、精神的にも余裕が生まれた

看護師をしていた頃は休みが少なくて「いつも仕事のことを考えている」ような気がしていましたが、今はそんなことはなくなりました。

土日祝日が休みなことで物理的(時間)な余裕が生まれて、気を張らなくてよくなったことで精神的にも余裕が生まれるようになりました。

仕事をしている時もですが、私生活でイライラすることが減ったように思います。

仕事以外のことに打ち込める時間ができた

僕が今打ち込んでいるのはこのブログの記事を書くことです。

たぶん、看護師をしているとこんなことをしようとは思わなかったんじゃないかな。
エステやジム通いなどの自分磨きや趣味を見つけるのもいいかもしれません。

あなたは病棟看護師を辞めた後、どんなことがしたいですか?

病棟看護師を辞めて感じたデメリット

「病棟看護師辞めなきゃ良かったー、めっちゃ後悔ぃぃぃー!」

なんて、デメリットはあるのでしょうか。

実際に病棟看護師を辞めた僕は、デメリットなんて一度も感じたことがありません。

全く後悔もしていません。

僕が看護師を辞めた理由」という記事ではこのようなことも書いています。

繰り返しになりますが、僕は看護師を辞めたことを後悔していませんし、辞めてよかったと思っています

看護師という仕事を続けていくことに違和感や矛盾を感じたまま仕事をするのは非常に苦痛だし、自分に嘘をつくような気がして嫌でした。
自分に嘘をつくだけならまだしも、患者さんに対しても中途半端な接し方になってしまうのも嫌でした。

もう一度言います。

僕は看護師を辞めてよかった

「病棟看護師を辞めるデメリット1つくらい絞りだしてよ」と言われれば、強いて挙げるなら「知識や技術は使わなければ衰える」ということくらいでしょうか。

どの仕事にも言えることですが、看護師の仕事は特に日々勉強する必要があります。
理由は医療が日々進歩していくからです。

そんな勉強したことや経験、技術は使わなければ忘れていきます。

でもそれは仕方がないことですし、そこを心配するのであれば辞めない方がいいです。

病棟看護師を辞めたいあなたが今すぐ取り組むべきこと

さて、ここまでこの記事を読んで「やっぱり病棟看護師辞めようかな」と感じているあなたにはぜひやっておいてほしいことがあります。
それは、転職サイトへの登録です。

職場によって当たりはずれがあることは看護師をしているあなたならもうご存知ですよね。
でも、なかなか内部の詳しい情報を知ることは難しいもの。

看護師専門の転職サイトへ登録しておけば、そんな情報を得ることができます。

当ブログおすすめの転職サイトは以下の記事でくわしく紹介しているのでぜひ読んで下さい。

今すぐ登録するべき転職サイトまとめ

病棟看護師を辞めたいあなたへ

日々忙しい病棟看護師をしているあなたを僕は尊敬します。

だって、僕は病棟看護師をずっと続けることができなかったから。

「病棟看護師の仕事にやりがいを感じていて、楽しい」方はそのまま自信を持って患者さんに向き合ってもらえばいいかと思います。

でももし少しでも「病棟看護師の仕事がつらい」と悩んでいるのであれば、あなたに合った職場を探してみるのも1つの手段です。

今のまま惰性で働いていて無駄に時間を使ってしまうのはもったいないです。

時間が経てば経つほど条件の良い職場に転職するのは難しくなるかもしれません。

悩むくらいなら「無料でかつ簡単に」できる就活を今から始めてみませんか?

僕がおすすめする転職サイトは以下にまとめています。

今すぐ登録するべき転職サイトまとめ

他にもあなたに読んでほしい記事があります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
それでは、また!

  • この記事を書いた人

むぎ

当サイト「看護師辞めたい転職したい」の管理人。看護師として大学病院に新卒で入職するも3年で一度転職を経験。1年間は別の病院で働いて看護師として働く自分に違和感を感じ、現在は保健師をしています。 転職等で相談があればTwitterなどで気軽に絡んでもらえると喜びます。

-看護師を辞めたい理由
-

Copyright© 看護師辞めたい転職したい , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.