保健師

行政・地域包括支援センター保健師が辞めたい理由!病棟看護師との違いは?

投稿日:

本日は当ブログ「看護師辞めたい転職したい」をお読みいただきありがとうございます。
どうも、元看護師のむぎです。

  • 保健師をしているけど、もう辞めたい!
  • 他の保健師はどんなことに悩んでいるのかな?
  • 辞めたいから病棟看護師に転職しよっかな!

この記事では、あなたが抱える以上のような悩みや疑問にお答えしていきます。

保健師ちゃん
保健師の仕事辛すぎ!わたし、もう仕事辞めたい!

その気持ち痛いほどにわかる!一緒に分かち合おう!
保健師くん

ちなみに、ぼく自身が現在保健師として働いており、めちゃくちゃ辞めたいと思っているので、具体的にお話しすることができると思います。

この記事でわかること

  • 保健師の仕事内容とは?働ける職場は?
  • 保健師を辞めたい理由
  • 保健師と病棟看護師との比較!どっちがいいの?
  • 保健師が辞めたい時の解決法は?
  • まとめ

この記事では、以上の内容をお話ししていきます。

結論としては、辞めたい時は辞めるのが唯一の解決策だと思います。

周りの人は「辛いけど頑張ろう」とか無責任なことを言うと思いますが、あなたはすでに頑張っているはず。頑張っているからこそ辛いのだし、頑張っているからこそ辞めたいと思うのです。

どうしても辛くて辞めたい時は、とりあえず転職サイトに登録して今よりもあなたが働きやすい職場を探してもらいましょう。

おすすめの転職サイト「マイナビ看護師」

保健師の仕事内容とは?働ける職場は?

この記事を読んでいる方はすでに保健師として働いている方ばかりでしょうからあえて説明する必要もないかもしれません。

保健師ちゃん
じゃ、次行こっか?

保健師くん
保健師も職場によって仕事内容が違うから、一応説明させて!

  • 行政保健師
  • 産業保健師
  • 学校保健師

おそらく一番多いのは行政保健師でしょう。

公務員として母子保健や高齢福祉、障害福祉など幅広い仕事内容を行うことになります。

行政から委託を受けている地域包括支援センターの職員は所属している法人は病院かもしれませんが、国の施策に沿って仕事を行うことを考えれば仕事内容としては行政保健師に分けることができるかと思います(待遇は法人によって違うでしょうが)。

産業保健師は民間企業に属する保健師です。

人事課などに配属され、職員の健康相談や仕事をする上での悩みを聞く仕事です。

学校保健師は生徒と職員の健康を管理する仕事です。

保健師の資格以外に養護教諭の資格が必要で、いわゆる「保健室の先生」の仕事とはまた別の仕事内容になるようです(ぼくも詳しくは知らないです)。

行政・地域包括支援センター保健師が辞めたい理由

この記事では行政・地域包括支援センター保健師向けに書いているので、これから紹介する辞めたい理由はそれらの方向けになっています。

とはいえ、産業・学校保健師に共通するものもたくさんあるはずなので、それらの方も読んでもらえると嬉しいです。

保健師ちゃん
やっときたー!早くみんなが辞めたい理由知りたい!!

保健師くん
おっしゃ、ワイ自身の体験と他の保健師から聞いた辞めたい理由を教えるで!

保健師が辞めたい理由

  • 人間関係
  • 誰のために、何のたまにやっているのかよくわからない仕事
  • 「これ本当に必要なの?」と感じる書類だらけで膨大な事務作業
  • 「断れない」辛さ
  • 困難ケースの対応
  • どんなに頑張っても報われない気がする
  • 終わりのない仕事

長々と書いても疲れてしまうと思うので、さらっと紹介していきます。

人間関係

保健師に限ったことではなく、仕事をする上で必ず悩むことになるのがこの人間関係。

ただ、保健師の場合は女性が多い職場で、関わる人も行政職員だけでなく医療関係者や地域住民など、本当に様々。

若いうちから地域で責任のある仕事を担っているお偉いさんなどと関わることもあるので、人間関係に苦労しますよね。

ぼくはコミュニケーションが苦手な方で、最初からつまずいてしまい辞めたくて仕方がありません。

関わる人もまた癖がある方が多いんですよねー。

「断れない」辛さ

民間とはまた違う行政・地域包括支援センター職員だからこその悩みだと思います。

行政というだけで嫌っている住民もいますし「できないことはできない」と断るのが難しいところがあります。

他の課では断る時は断っているかと思いますが、保健師は相談内容が多岐に渡りフワッとしている部分と専門性が強く責任がある仕事なこともあるのか、どことなく断りづらい雰囲気があるんですよね。

自治体や上司の考え方によって異なるのは承知の上ですが「断れない」辛さというのは保健師をしていると多くの方が感じる悩みだと思います。

困難ケースの対応

保健師は様々な場所で働くので、その場所によって大変さは違うでしょう。

しかし、どこにいても困難ケースというのはあるものです。

先程紹介したように相談があると「断れない」中で困難ケースに対応しなければならないというのは、かなり辛いものがありますよね。

  • 支援が必要であるが、経済的に困窮しているケース
  • 苦情ばかりのモンスター住民
  • 虐待
  • 家庭環境が複雑で支援者がいないケース
  • 住民自体もどこに相談すればいいのか、何を相談すればいいのかわかっていないケース

などなど、困難ケースは数えればきりがありません。

対応すること自体にも辛いものがありますし、それが長くなればなるほど、1人で抱えてしまいがちになるのがまた面倒なところ。

「担当がいるから」といった雰囲気があるのも行政特有の悪いところだと思います。

どんなに頑張っても報われない気がする

これは保健師というよりも行政職員ならではの悩みなのかもしれません。

もちろん、行政職員の中でも担当課によってはやりがいがあって楽しいところもありますし、保健師にだってやりがいはたくさんあります。

でも、国の考えた施策に沿って事業を行う以上、面倒なことがたくさんあります。
誰のために、何のために仕事をしているのかわからなくなることがたくさんあって、でも仕事だからしないといけない。

仕事をしているわたしたちだってそんなことを考えながら仕事をしているのに、住民は理解してくれません。

そんな事を考えていると、どんなに頑張っても報われない気がしてくるのも仕方がないことなのかもしれません。

終わりのない仕事

「どんなに頑張っても報われない」

それだけではなく、仕事に終わりがありません。

もちろん、区切りはあります。
担当していた利用者さんが入院したり、死亡したり、要介護になればその人に対しては一区切りつくことにはなります。

でも、新しい相談は日に何回もあるし、その中には新しく担当することになる人もいます。

この仕事には、終わりがありません。

保健師ちゃん
こうやって改めて振り返ってみると、保健師の仕事って何にもいいことないやんけ……。

保健師くん
そやな…転職しよか…。

おすすめの転職サイト「マイナビ看護師」

保健師と病棟看護師の仕事の違い

保健師ちゃん
ところで、看護師と保健師の仕事の違いって何かあるのかな?

保健師くん
あるよ!ぼくは両方経験しているから、比較して紹介するね!

ここでは保健師と病棟看護師の仕事の違いを紹介していきます。
詳しい業務内容というよりは、仕事全体というか、大まかな違いとして捉えていただけると嬉しいです。

この見出しを大まかにまとめると、以下のようになります。

保健師と病棟看護師の仕事の比較

  • 現状困ってない人も対象である
  • 相談者が本人、家族、関係者など様々
  • 都合は基本的に利用者、相談者に合わせる必要がある
  • 残業や休日出勤は保健師の方が多い
  • その分、給料や待遇は保健師の方がいいかも
  • 身体的に楽なのは保健師、精神的に楽なのは看護師

かるーく、紹介していきます。

現状困っていない人も対象である

保健師の仕事は予防が主になるので、現状病気ではない人が主な対象になります。

糖尿病や高血圧にならないように行う健康指導もありますし、介護予防だって今は命に関わるような困りごとはないはずです。
対して、看護師は病気になった人や手術後にリハビリを行う人が対象になるので「今」困っている人が対象なわけです。

もちろん保健師の仕事の中には虐待など緊急に対応していく必要があるケースもありますが、やはり多いのは元気な人への対応。

だからこそ頑張っても報われないと感じたり、やりがいに繋がりづらかったりするわけですね。

相談者が本人、家族、関係者など様々

「看護師だって同じでしょ?」と思われる人もいるかもしれませんが、看護師と比較すると保健師は圧倒的に関わりが濃いです。

物理的には利用者の家に訪問することもありますし、保健師は家族や本人にとってかなりプライベートな情報を得ることになります。
それだけに医療関係者など関係機関との連携時には細心の注意を払う必要がありますし、かなり気を遣う仕事だと言えます。

病院看護師は関わっても本人や家族以外だと医師、リハビリ専門職、薬剤師、社会福祉士などが主ですが、保健師はこれに地域住民も関わることになります。
病院は表面上の関わりだけで済むところもありますが、保健師はそうもいかず苦労します。

これにメンタルやられて辞めてしまう人もたくさんいるくらいなのはあなたもご存知でしょう…。

都合は基本的に利用者、相談者に合わせる必要がある

病院でも家族の都合に合わせることもなくはないですが、手術日程や説明の日、退院日などはほとんど病院の都合になりますよね?

でも、包括支援センターの場合はそうはいきませんよね。
相談や訪問の日付は基本的には本人や家族の都合に合わせることになりますし、飛び込みで相談に来る人はこっちの都合なんて全部無視です。

「困ったから相談にきた。どうすればいい?」といったアバウトな疑問を、こっちがどんなに忙しくても、きちんと聞いて適切な場所に繋いだり、対応していかなければなりません。

正直、かなりキツイ……。

残業や休日出勤は保健師になってからの方が多い

看護師だって夜勤明けに勉強会があったり、会議があったりすることはあります。

ただ、残業や休日出勤は圧倒的に保健師の方が多いですよね。

単に訪問するだけなら遅い時間になることはありませんが、その後に膨大な書類の整理や事務作業が残っています。

正直看護師を経験した後に保健師の仕事をしていると、「これ必要ないじゃん」と思う作業がたくさんあります。

書類の整理や事務作業が多くなるのは本当に行政特有の悪い習慣だと思います。

その分、給料や待遇は保健師の方がいいかも

ここまで悪いことしか書いてこなかったので、良い面も紹介しておきましょう。

ぼくは比較的大きな病院で看護師として働いていたのですが、それでも行政や包括支援センターの給料や待遇には敵いません。

公務員であれば保健師は行政職と同じ給料表のところが多いので、昇給があります。
病院看護師は昇給がほとんどないところが多いので、これは軽くカルチャーショックです。

数千円〜1万円と多くはありませんが、毎年のように基本給が上がっていきます。

また、有給休暇や夏季休暇の取得や介護休暇など、福利厚生も充実しています。

これは保健師に限らず公務員全体のメリットですね。

身体的に楽なのは保健師、精神的に楽なのは病棟看護師

保健師や看護師も今はいろんなところで働けるようになったので、これはぼくの病棟看護師と保健師の経験を踏まえての意見になります。

  • 夜勤がない
  • 土日が休み(必ずではない)
  • 休みは取りやすい

以上の3点から、身体的に楽なのは保健師です。

  • ある程度は病院の都合で動くことができる
  • 関わる人は保健師と比較すると限定的で、薄い

以上の理由から、精神的に楽なのは看護師です。

保健師が辞めたい時は、転職するしか解決法はない?

転職サイトは複数登録

保健師ちゃん
違いはわかった。でももう、私は保健師を辞めたい!どうすればいいんや?

保健師くん
おっしゃわかった。解決法教えるで!

保健師が辞めたいと思った時は、辞めて転職するしか解決法はないのでしょうか?

行政であれば異動して他の課に移ることもできますし、包括支援センターであれば、同じ法人であれば異動もできるかもしれません。

でも、そういう単純な話でもなく保健師の仕事はどこにいっても大変で、行政という性質上近い将来に仕事内容の見直しがあるといったこともないでしょう。

そういった意味では、保健師が辞めたい時は転職するしか解決法はないと言えます。

安定した仕事を辞めるのは勇気がいることかもしれませんが、身体を壊したり、心を病んでしまうよりはマシですからね。

すぐに転職するわけでなくても、とりあえず以下の転職サイトに登録しておき、今の職場よりも良い条件の職場を探しておきましょう。

条件の良い職場というのは誰もが入りたいものなので、少しでも早く抑えるためにも、今すぐに登録しておきましょう。

おすすめの転職サイト「マイナビ看護師」

保健師が辞めたい理由を紹介しました

happy

保健師ちゃん
よっしゃ、私転職するで!

保健師くん
そうそう、生きていくのに自分にとって辛いことばかりする必要ないからね。少しでも楽な職場で働こう!

  • 保健師の仕事内容とは?
  • 行政・地域包括支援センター職員が辞めたい理由
  • 保健師と病棟看護師の仕事の違い
  • 保健師が辞めたいときの解決法は、転職すること

この記事では、以上の内容を紹介しました。

最終的には転職をおすすめしていますが、決めるのはあなた自身です。

ぼく自身、毎日の仕事が辛くて転職したくて仕方がなく、転職サイトにいくつか登録して条件の良い職場を探しているところです。

転職というのはある意味勇気がいることですが、せっかく転職しやすい資格を持っているのですから、活かさない手もないですよね。

辛い、辞めたいと感じているのが「今」なら、行動するのも「今」です。勇気を持って踏み出してみましょう。

もしこの記事を読んで「転職してみよっかな」と感じた方は以下の記事に転職サイトをまとめているので、ぜひ読んでみてください。

今すぐ登録するべき転職サイトまとめ

  • この記事を書いた人

むぎ

当サイト「看護師辞めたい転職したい」の管理人。看護師として大学病院に新卒で入職するも3年で一度転職を経験。1年間は別の病院で働いて看護師として働く自分に違和感を感じ、現在は保健師をしています。 転職等で相談があればTwitterなどで気軽に絡んでもらえると喜びます。

-保健師

Copyright© 看護師辞めたい転職したい , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.