「保健師になる方法」の画像

保健師

保健師になる方法と気になる仕事内容や給料について紹介します

更新日:

本日は当サイト「看護師辞めたい転職したい」をお読み頂きありがとうございます。
どうも、元看護師のむぎです。

はてな

  • 「保健師ってどうやったらなれるの?」
  • 「保健師の仕事内容ってどんなことをするの?」
  • 「保健師の給料って看護師と比べて高いの?」

この記事では、このようなあなたの悩みにお答えしていきます。

ナースちゃん
看護師になる方法とか仕事内容については学生の頃に実習を経験しているからわかるんだけど、保健師って今いち分かりづらいのよねー。

そうだよねー。僕も保健師になるまでは実際よくわかっていなかったからなぁ
ナースくん

僕は元々看護師として4年間病院で働き、現在保健師業務をしています。
僕が実際に働いている経験や保健師をしている友人から聞いた実体験も踏まえてお話ししていくので、参考にしていただけたらと思います。

保健師になるには?

ナースちゃん
保健師ってそもそもどうやってなるの?

国家試験に合格するのが前提なんだけど、いくつか選択肢があるから、詳しく説明していくねー。
ナースくん

保健師になる方法の図

保健師になるにはまず、保健師の国家試験に合格する必要があります。

まずは看護師国家試験に合格しないと始まらない

ナースちゃん
保健師って確か看護師の国家試験に合格してないといけないんじゃなかったっけ?

そうそう、まずは看護師国家試験に合格してないと保健師国家試験に合格しても仕事ができないんだよねー。
ナースくん

いきなり保健師の国家試験を受けるわけにはいかず、まずは看護師の国家試験に合格することが必須の条件となっています。

関連記事>>>看護師国家試験に絶対合格できる勉強法を紹介します

つまり、看護師専門学校や短大(3年制)もしくは4年制の看護系の大学や専門学校で学んだ後に看護師国家試験を受験し、それに合格することが、保健師になるために必要な条件になるわけです。

看護師国家試験に合格することで、ようやく「保健師国家試験を受験しよう」と考えることになりますが、保健師国家試験を受験するためにもいくつか条件があります。

ナースちゃん
えっ、保健師国家試験を受けるのにも条件があるの?

そうなんだよ。でも、基本的には保健師国家試験の受験資格を得られる学校に行けば大丈夫だよ。
ナースくん

保健師国家試験を受験できる条件

  1. 文部科学大臣の指定した学校(指定校)において、6ヶ月以上、保健師になるのに必要な学科を修めた者。
  2. 厚生労働大臣の指定した保健師養成所(指定養成所)を卒業した者。
  3. 外国の保健師学校を卒業、または外国の保健師免許を得た者であって、厚生労働大臣が上記の1、2と同じ程度の知識や技能があると認めた者

まずは看護師国家試験に合格した後に、保健師になるための学校や養成所で学ぶことでようやく、保健師国家試験の受験資格を得ることができるようになるわけです。

卒業と同時に看護師と保健師国家試験両方の受験資格が与えられる学校もある

ナースちゃん
大学とかは看護師と保健師両方の国家試験の受験資格を得られるところもあるわよねー。

そうそう、実は僕も大学が両方の資格を取れるところだったから、看護師と保健師両方の試験を受けたんだよねー。
ナースくん

先ほど紹介した方法では、まずは看護系の専門学校等に通った後で再度保健師の受験資格を与えられる学校を受験しなおさないといけないことになります。

もしこの記事を読んでいるあなたが高校生であったりこれから看護師を目指そうと考えている方で、保健師という仕事に少しでも興味があるのであれば、「卒業と同時に看護師と保健師国家試験両方の受験資格が与えられる学校」を選んでおくことをおすすめします。

というのも、僕自信が意図せずしてそういう学校に入学し、救われているからです。

最初は「看護師になりたい」という希望でなんとなく受かりそうな大学を選んだだけですが、卒業後に看護師として働いて、とある理由から辞めることになってしまいました。

関連記事>>>看護師を辞めたいと思う理由を新卒4年目で辞めた僕が語る

僕が卒業した大学は「看護師国家試験と保健師国家試験を絶対受験しないといけない」学校だったため、保健師の資格を持っていたんですが、そのおかげで次の就職先を選ぶ際にものすごく役に立った経験があります。

ナースちゃん
なるほどねー。確かに、看護師って3年くらいしたら必ず将来のことを考え出すのよねー。

まさにその通りで、僕も3年目に将来のことを考えて保健師を目指そうと思ったんだよ!
ナースくん

もし高校を卒業した時に普通に3年制の専門学校を選んでいたら、再度保健師の受験資格を与えられる学校を受験をする必要があるので学費が余計にかかってしまい、僕は今保健師の仕事をしていなかったかもしれません。

保健師国家試験に合格する方法

保健師になるためには、保健師国家試験に合格しなければ始まりません。

当サイトでは保健師国家試験に合格する方法も詳しく紹介しています。

関連記事>>>保健師国家試験に絶対合格する方法

保健師の仕事内容

グラフの画像

ナースちゃん
保健師になる方法はなんとなくは分かったけど、保健師の仕事内容って実際どうなの?

詳しく説明していくねー。
ナースくん

それでは、保健師の仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

医師や看護師は主に病気やケガをした人の治療に関わるのに対し、保健師は病気にならないように予防し、いつまでも元気でいられるように手助けするのが仕事です。

保健師が関わる相手は幅広く、乳幼児から高齢者までが対象です。

これらの人々に対して健康診断を行い、病気の早期発見や病気になりやすい人(予備軍と言ったりします)に対して生活指導を行うことは、保健師の仕事の重要な役割の1つとなっています。

言葉では分かりづらいかもしれないので、具体的な例を挙げましょう。
例えば、あなたが女性で子どもが生まれたとします。その子どもが1歳半になったり、3歳になった時に市の保健センターで検診を受けることになるんですけど、そこにいるのが保健師です。

もう1つ例を挙げましょう。
あなたの身近に高齢者がいるとして、その高齢者の身体が不自由になって介護保険の申請をしようと思った時に、包括支援センターというところに行くことになるかと思います(申請だけなら市役所でも可)。
そこにいるのも実は保健師だったりします。

今すぐ登録するべき転職サイトまとめ

このように、保健師の仕事は非常に対象が広く内容も複雑で幅広いことがおわかりいただけるかと思います。

ナースちゃん
もう少し詳しく知りたいなぁー。

具体的に説明していくねー。
ナースくん

相談業務や連携

対象が幅広く、一般の人が知らない「病気や健康に対する知識」を普及するのが保健師の仕事ですが、健康相談を受け付けることも多々あります。

その場合には必要な医療機関への受診を促したり、地域のその他の社会資源の利用を促すことも必要になります。

その対象者に応じて相談の内容や連携する機関は異なるため、保健師には医学に関してだけでなく、その他に関しても幅広い知識が求められます。

僕は看護師と保健師もどちらも経験していますが、正直保健師の方が大変だと感じています。

「土日や祝日が休みで、夜勤もない」というイメージをお持ちかもしれませんが、土日に出勤しないといけないことはもちろんありますし、必要な知識が幅広く関わる機関が多く面倒なことばかりです。

保健師が活躍している場所

ビルが並んでいる画像

ナースちゃん
保健師の仕事内容については大体わかった。保健師ってなんとなく行政で働いているイメージがあるけど、他にも働いている場所があるのかしら?

実はいくつかあるんだよねー。
ナースくん

保健師の仕事内容について紹介したところで、次は保健師が働く場所についてです。
保健師の働く場所は、大きく分けると3つになります。

保健師が働く場所

  1. 行政保健師
  2. 産業保健師
  3. 学校保健師

詳しく紹介していきますね。

行政保健師

「行政」と頭についている通り県の保健所や市の保健センター等で公務員として働くのが行政保健師です。

国家公務員の場合は厚生労働省とかで働いていますかね。
保健師として働いている人の多くがこの行政保健師です。

ナースちゃん
公務員かぁー。安定していて、休みもちゃんとあるし最高だろうなー。

なんて思う方が多いかもしれませんが、相談内容がめちゃくちゃ幅広いことと、それに加えて公務員としての仕事もあるのでかなりハードです。

護師や企業と比較すると休みが取りやすいことや安定していること、確実に昇給があることが行政保健師になるメリットですかね。

産業保健師

企業の医務室や健康相談室で働いているのが産業保健師です。

人事課とかに配属になることが多く、職員の健康相談や悩みを聞くのが仕事です。

仕事のストレスからうつ病になったり、自殺に追い込まれる人が少なくない中で「メンタルヘルス」とか「ワークライフバランス」という言葉を耳にする機会が多くなったのはこの産業保健師が普及啓発を行っているからです。

学校保健師

学校に勤務して、生徒と職員の健康を管理する仕事です。

僕も含め、僕の友人にもこの学校保健師をしている人がいないのであまり詳しくは語れません。
ただいわゆる「保健室の先生」とは似ているようで違う仕事です。

学校保健師は養護教諭の資格が必要となります(2種だけなら保健師資格合格により申請すれば取得可能)。

保健師の給料事情

紙幣を拡げている画像

ナースちゃん
保健師って看護師よりも給料良いんでしょ?ぐへへ……。

こいつ、金の亡者やで……。
ナースくん

それでは気になる保健師の給料事情について紹介していきます。

保健師の平均年収は528万円です。

[sanko href="http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/" title="厚生労働統計一覧" site="厚生労働省"]

看護師の平均年収は516万円なので、看護師と比較してやや多いことが分かります。

関連記事>>>看護師の給料は仕事内容に見合わない!と思う理由

ただ、これはあくまでも統計上のデータであって都会の夜勤専属で働いている方も含まれていることを考えると、実際にはもう少し差があるのではないかと思います。

看護師は本当に昇給が少ない仕事なので、将来的なことを考えるなら保健師を選んでおいて間違いないでしょう。

保健師が転職したい時には今すぐに転職サイトへ登録するべき

電球の画像

ナースちゃん
保健師の資格を持っていて、転職を考えた時はどんな方法があるんだろう?

転職サイトへの登録がおすすめだよ!
ナースくん

この記事を読んでいるあなたが保健師の資格をすでに持っていて、転職を考えているのであればおすすめの方法があります。

それは、転職サイトへの登録です。
あなたは看護師や保健師専門の転職サイトがあることを知っていますか?

日々忙しく不規則な生活をしていると、いくら「転職したい!」と思っていても実行に移せませんよね。
そんなあなたにおすすめなのが転職サイトへの登録です。

転職サイトに登録するメリット

  1. 仕事がどんなに忙しくてもスマホから簡単に、しかも1分で登録することができる
  2. もちろん登録は無料。電話も折り返しかけてくれるから電話代を心配する必要もなし
  3. 24時間いつでも電話で相談することができるから、自分のペースで転職することができる
  4. 職場の内部事情に詳しく、実際に見学に行くこともできるため自分の目で判断することができる
  5. 頼りになる看護師の転職専門のアドバイザーに病院への連絡や調整までおまかせできるから、初めての転職でも安心
  6. 保健師は求人情報が非常に少ないため、非公開の求人も掲載されている転職サイトはうってつけ

ナースちゃん
えっ、転職サイトに登録するとこんなに楽なの?忙しい中転職活動するのっておっくうだったんだけど、これならできそう!

僕が実際に登録してヒアリングが好印象だったものだけをまとめているよ。
ナースくん

今すぐ登録するべき転職サイトまとめ

ナースちゃん
1分で登録できるし、信頼できる確実な情報を得るためにも複数登録しておくと安心かも。

保健師についてのまとめ

この記事では以下の内容についてまとめました。

ポイント

  1. 保健師になる方法
  2. 保健師の仕事内容
  3. 保健師が活躍している場所
  4. 保健師の給料事情

「保健師は看護師よりも楽」というイメージを抱いている方は非常に多いと思います。

実際に働いている僕からすれば「夜勤がない分肉体的には楽だけど、保健師になるのがまず大変だし、相談業務が面倒で看護師よりメンタル的に相当きついよ」と言いたくなります。

こればかりは実際に働いてみないと分からないことですし、向き不向きもあるので多くは語りません。
ちなみに、「誰のために、何のためにしているのか」というのが曖昧になる仕事で、「なんでも屋」みたいなことになりかねないのでやりがいもそこまでありません。

ポイント

  1. 夜勤や休日出勤をしたくない
  2. 看護師は昇給がないから、将来的な収入アップを目指したい
  3. 人と関わるのがめちゃくちゃ好き

「人と関わる人がものすごく好きな人」であれば間違いなく向いているので、ぜひ保健師になって下さい。

そうでない方は看護師としての転職先を探す方をおすすすめします。

今すぐ登録するべき転職サイトまとめ

1つだけの登録では正確な情報が得られない可能性があるから、できる限り複数登録しておこう。
ナースくん

以下の記事に看護師の転職についてまとめているのでぜひ読んで下さい。

記事の内容は以上です。
最後まで読んで頂いてありがとうございました。

それでは、また!

  • この記事を書いた人

むぎ

当サイト「看護師辞めたい転職したい」の管理人。看護師として大学病院に新卒で入職するも3年で一度転職を経験。1年間は別の病院で働いて看護師として働く自分に違和感を感じ、現在は保健師をしています。 転職等で相談があればTwitterなどで気軽に絡んでもらえると喜びます。

-保健師
-

Copyright© 看護師辞めたい転職したい , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.