看護師国家試験に合格する画像

看護師になりたい

【第108回最新版】看護師国家試験に絶対合格できる勉強法とコツを教えます

更新日:

本日は当サイト「看護師辞めたい転職したい」をお読み頂きありがとうございます。
どうも、元看護師のむぎです。

ナースちゃん
看護師国家試験の勉強って、看護学生にとっては本当に一大事。実習やバイトをしながら合格するためには、できる限り効率良く勉強したいよね。

実際に僕が合格した時の勉強法が参考になれば嬉しいな。
ナースくん

全ての看護学生にとって、最後にして最大の試練となるのが「看護師国家試験」への合格。
毎年受験者の約9割が合格となる看護師国家試験ですが、侮っていてはいけません。

その合格率の高さをみて「余裕じゃん!楽勝~!」と思っている方は恐らく少ないでしょう。

理由は簡単で、勉強する範囲が膨大だからです。
一般的に、看護学生は必修の科目が多く試験が難しかったり実習もあったりと他の学部の学生と比べるとハードですよね。

そのハードな4年間をようやく終えても、最後の試練である看護師国家試験に受からなかったら次はまた1年後になります。
もし不合格だった場合に、1年間モチベーションを維持しながら勉強することができるでしょうか?

「どうせなら、一発合格したい!」と思いますよね。

今回は「看護師国家試験に一発合格したい」というあなたの望みを叶えるために、前期が終わった夏から勉強して余裕で一発合格を果たした僕の体験談を含めた勉強法を紹介していこうと思います。

第108回看護師国家試験について

ナースちゃん
今年受ける人に向けて、まずは第108回国家試験についておさらいしておこうね。

もう知ってると思うけど、一応ね。
ナースくん

試験日程

試験日程は平成31年2月17日(日曜日)です。

合格発表日

気になる合格の発表は平成31年3月22日(金曜日)です。

厚生労働省のホームページから確認することができます。

近年の看護師国家試験の傾向

グラフの画像

ナースちゃん
最近の国家試験の傾向はどうなっているのかな?

調べてみたら、大体9割の受験者が毎年合格しているみたいだね。
ナースくん

まずは過去3年分の看護師国家試験の傾向をみていきましょう。

  • 第104回(平成27年実施):受験者数60,947人、合格者数54,871人(合格率90.0%)
  • 第105回(平成28年実施):受験者数62,154人、合格者数55,585人(合格率89.4%)
  • 第106回(平成29年実施):受験者数62,534人、合格者数55,367人(合格率88.5%)

受験者数は毎年約6万人、合格者は毎年約9割だということが言えますね。

看護師国家試験のボーダーライン

ナースちゃん
合格する基準はあるのかな?

あるけど、ちょっと複雑だよ。
ナースくん

続いて、看護師国家試験のボーダーライン(合格基準)について紹介します。
看護師国家試験は、定員が決まっているわけではなく合格基準点を満たしていれば合格することができるというルールです。

受験生のあなたはすでに知っていることだと思いますが、看護師国家試験の問題は以下のように分かれています。

ポイント

  1. 必修問題
  2. 一般問題
  3. 状況設定問題

必修問題は50点満点で、ボーダーラインは例年8割が合格ラインです。

一般問題と状況設定問題を合わせた点数は250満点ですが、このボーダーラインは毎年変わります。

過去のデータをみると約6割5分、つまり162.5点以上がほぼ間違いなく合格ラインです。

合格者数や合格ラインについては以下厚生労働省のホームページを見れば分かります。

参考記事>>>国家試験合格発表

この見出しについてまとめます。
看護師国家試験の合格ラインは以下です。

合格ライン

  • 必修問題:8割(40点)
  • 一般問題+状況設定問題:6割5分(162.5点)

本番でこの合格ラインをクリアすれば、あなたは晴れて看護師として働くことができるようになります。

ギリギリの勉強しかしていないと、発表まで寝れなくなるから一般・状況設定問題は最低でも7割は取れるように勉強しておきたいね。
ナースくん

看護師国家試験の勉強はいつから始めるべき?

手帳の画像

ナースちゃん
国家試験の勉強っていつから始めるべきなのかな?

僕は夏から勉強を始めて余裕だったよ。
ナースくん

過去のデータについて理解できたところで、国家試験の勉強っていつから始めたらいいんでしょうね?
結論から言えば、夏休みから勉強を始めるのがベストだと思います。

あなたが専門学校にいるのか、それとも大学にいるのか、環境によっても差があるかと思います。

一般的に、専門学校の場合は3年生、大学の場合は4年生の時に勉強により組み始めるかと思いますが、やっかいなのが実習ですよね。
僕は大学でしたが、4年生の前期まで実習が詰まっていました。

そんな僕がおすすめしたいのが、前期が終わった夏休みから勉強を始める方法です。

前期が終わるまではバイトを週3回、実習が週4日というアホみたいな生活をしていたので勉強する暇がなかったんですよね。
そこで僕は実習がなくなる夏休みから勉強を始めることにしました。

実習が終わってからもバイトは週3日変わらず続けていましたが、全然無理なく合格することができました。

ちなみに点数は8割以上でした。
もちろん、忙しさというのは人それぞれなので勉強を始める時期も人それぞれでしょう。

ただ、最低でも「いつまで実習があるからいつから勉強を始める」という風に自分でスケジュールを管理することは必要ですかね。

ちなみに、僕が勉強に取り組み始めたのは夏休みからですが、講義やバイトがあったので1日の勉強時間は多くても2、3時間程度でした。
本腰を入れて取り組み始めたのは11月か12月くらいからで、その頃は1日7、8時間は勉強していました。

看護師国家試験の勉強は何から始めるべき?

ナースちゃん
看護師の勉強って範囲が膨大すぎて何から始めたらいいのか分からないんだけど?

まずは勉強の流れを教えるね。
ナースくん

さて、いざ看護師国家試験の勉強を始めるとして、何から取り組めばいいんですかね?
おそらく学校指定の過去問題集をあなたは持っているはずなので、それを用いた勉強法を紹介します。

勉強法

  1. まずは1回教科書を読まずに問題を解く
  2. 解き終わったら、正解や不正解に関わらずすべての問題とその選択肢について勉強する
  3. 2周目以降は不正解もしくは自信がなかった問題について理解できるまで勉強する

順を追って説明します。

1回教科書を読まずに問題を解く

「最初は教科書とかを読んである程度理解してから勉強した方がいいんじゃない?」

と疑問に感じるかもしれませんね。

その方法は教科書を全部読んで、理解できる自信と時間があるのなら実行した方がよいでしょう。
でも、もしあなたが自信と時間がないと感じるのであればおすすめできません。

先々看護師として働いてからのことを考えればしっかりと理解しておくべきですが、看護師国家試験に合格するだけなら、問題に慣れつつ理解していく方が圧倒的に効率が良いです。

看護師国家試験はその問題にある意味クセがあるというか、実際に臨床に出て役に立つことも沢山ありますがそれだけではなくテクニックを身に着けておくことも必要です。

そういった意味で、問題に慣れておくことが合格する一番の近道なのです。

1周解き終わったら、正解や不正解に関わらずすべての問題と選択肢について勉強する

さて、いざ1周解き終わったら、1問1問、正解や不正解に関わらずすべての問題について教科書や参考書を使って勉強しましょう。

ちなみに、正解の選択肢以外の選択肢についても勉強しておくと、どんな問題が来ても対応できる応用力が身につくのでおすすめです。

次に同じ問題が出た時はもちろん、選択肢に関連する問題が出ても正解できるようにしておくことで、確実に合格できるようになります。

2周目以降は、不正解や自信がなかった問題について勉強する

時間があればすべての問題についてもう1度復習してもいいですが、この時点で時間に余裕がなければ不正解の問題や自信がないけど正解した問題について勉強しましょう。

ここで重要なのが、苦手な分野について徹底的に勉強することが大切です。
解剖整理や母性、小児などの分野は苦手な方が多いかと思いますが苦手だからといってそのままにしておくわけにもいかないですよね。

苦手な分野を最低でも「普通」レベルにもっていけるくらいには勉強しておきましょう。

3周くらい解き終わって、まだ時間に余裕がある人は、別の問題集を買ってその問題集オリジナルの問題だけ解くのもおすすめです。
自分の理解度を試す機会にもなるし、応用が利くようになるからです。

過去問は3周やらないといけないの?

ノートのチェックリストを書いている画像

「過去問は最低でも3周やりなさい」

学校の先生からこのように言われていませんか?

ナースちゃん
先生から口酸っぱく言われたわー。

僕も言われたけど、それって本当に正しいのかな?
ナースくん

この3周というのはあくまでも目安であって、正解でもありません。

大事なのは「どう勉強するか」です。
「適当に流して3周過去問を解く」のと、「理解しながら1周解く」のはどちらが効率的でしょうか?

答えは絶対に後者ですよね。

勉強方法には人それぞれ向き不向きがあるし、勉強できる時間も人それぞれです。
あなたに合った勉強をするのが1番です。

実習と国家試験の両立ができるか不安なんだけど?

実習と国家試験の両立ができるのか不安という方も多いでしょう。

実際実習をしていると、実習時間が終わってからも課題やレポートに追われて勉強する時間がないと感じるかもしれません。
そういった時にこそ、効率を重視しましょう。

実習の勉強も実は国家試験の勉強につながっているんですけど、そこを両立させるのはなかなか難しいです。
それなら、携帯できる小さな問題集であったりスマホのアプリを利用して1問でも多く問題を解くようにしましょう。

理想は実習で分からないところをしっかり調べて理解しておくことなんですけどね。

これは余談ですが、僕は看護師国家試験に加えて同じ年に保健師国家試験も受験して合格しています。バイトや講義、実習と日々忙しい中で僕が合格できた1番の理由はやはり「効率を意識したから」だと思います。

1月からは体調管理には十分に注意しよう

聴診器の画像

ナースちゃん
試験は2月中旬で寒い時期だし、体調には十分に注意しておかないとねー。

夜型の人は朝型に直しておこうね。
ナースくん

冬になるとインフルエンザやノロウイルスなどの感染症が流行ります。
受験生の大敵ですね。

予防接種は絶対受けておき、不規則な生活はやめましょう。
受験生にとっては「国家試験の勉強のための一時期」ですが、看護師になってからは「毎日が仕事のために」体調管理をしないといけません。

手洗いやうがいはもちろん、規則的な生活を心掛けておきましょう。

当たり前ですが受験は朝からなので、夜型の生活は直して朝型の生活を心掛けましょう。

看護師国家試験を受ける受験生すべての方へ

スタートラインの画像

まとめになります。

いくら合格率9割といっても、勉強しなければ不合格になる看護師国家試験。
受験生にとっては「看護師国家試験に合格することがゴール」かもしれませんが、看護師として働くことを考えると、「合格してようやくスタートラインに立てる」と言っても過言ではありません。

看護師として働くようになってからは、医療は日々進歩していくので日々勉強です。
つまり、看護師になるための最初の試練が国家試験です。

あなたの夢である看護師になるために、日々できる限り努力しましょう。

試験当日は、これまでに努力した自分を信じて、落ち着いて目の前の問題に取り組むようにしましょう。
僕が紹介した勉強法を真面目に取り組んでいる方は間違いなく時間が余るはずなので、よく問題を読んで、可能なら繰り返し読んで、落ち着いて取り組みましょう。

看護師になってからも書類を読んだり記録を書く機会は本当に多いので、国家試験の勉強は確実にあなたの将来に活きるはずです。
1人でも多くの受験生の方が看護師国家試験に合格できるよう、お祈りしています。

ナースちゃん
勉強頑張ろうね!

試験日に不安にならないように、しっかりと準備をしておけば、後は自分を信じるだけ。同級生みんなで頑張ろう。
ナースくん

看護師国家試験と同時に、保健師国家試験を勉強中のあなたにはこちらの記事もおすすめです。

  • この記事を書いた人

むぎ

当サイト「看護師辞めたい転職したい」の管理人。看護師として大学病院に新卒で入職するも3年で一度転職を経験。1年間は別の病院で働いて看護師として働く自分に違和感を感じ、現在は保健師をしています。 転職等で相談があればTwitterなどで気軽に絡んでもらえると喜びます。

-看護師になりたい
-

Copyright© 看護師辞めたい転職したい , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.